メニュー

胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

【胃潰瘍】胃酸が胃の粘膜を消化し、胃壁を深く傷つきえぐり取られた状態です。

症状;胃痛(上腹部・心窩部痛)、吐き気、嘔吐、吐血、下血(黒色便、タール弁)など。

 

【胃がん】胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になり大きくなっていきます。

症状;胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがありますが、これらの症状は胃炎や胃潰瘍の場合でもみられます。また、胃がんは進行しても症状が出ない場合もあります。

 

【胃炎】胃粘膜に発赤、腫脹、疼痛などの炎症症状が生じている状態で、一般的に急性胃炎と慢性胃炎に分類されます。

・急性胃炎は、飲酒、ウイルスや細菌などの感染、薬物やストレスなど様々な原因があり、心窩部痛、膨満感、胸やけ、吐き気、吐血、下血などの症状があります。

・慢性胃炎は、胃の粘膜が傷つき、その状態が長びく状態、あるいはくり返しくり返し傷ついている状態で、急性胃炎と同じように飲酒、ウイルスや細菌などの感染、薬物やストレスなど様々な原因のほかに、ヘリコバクター・ピロリの感染が原因の一つとして注目されていますが、まだはっきりとしたことはわかっていません。症状的にも急性胃炎と同じような症状があります。

など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME